栃木県体育協会について

ごあいさつ

(公財)栃木県体育協会理事長“全ての県民に「豊かなスポーツライフ」の実現”を目指して、各種の事業を推進します
(公財)栃木県体育協会 理事長 荒川 政利
  公益財団法人栃木県体育協会は、昭和22年に発足して以来、県民スポーツ振興の役割を担ってまいりました。
そして、この度の公益法人制度改革に伴い、栃木県の認定を受けて、平成24年4月1日より公益財団法人栃木県体育協会として新しくスタートいたしました。 私は、日頃から、スポーツは健全な心身の発達を促すだけでなく、スポーツを通して人と人、人と自然のふれあいにより連帯意識を高め、人間性を豊かにするも のと思っており、県民総スポーツの推進は重要な課題であると考えています。
このような認識のもとに本協会は、「県民ひとり1スポーツ」の定着と「競技力の向上」を2大目標に掲げ、県民の皆さんに愛される「栃木県体育協会」となる よう、より一層努力してまいりますので、今後とも更なるご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

栃木県体育協会の概要

公益財団法人栃木県体育協会は、スポーツを振興し、県民体力の向上とスポーツ精神を養うことを目的とした公益法人です。
スポーツ振興事業、スポーツ少年団育成事業、競技力向上事業、今市青少年スポーツセンター事業、日光市ホッケー場管理運営事業、栃木県体育館管理運営事業、スポーツ安全協会委託事業等の事業を行っています。

所在地 栃木県宇都宮市中戸祭1-6-3 スポーツ会館内
設立 昭和22年
加盟団体 78団体(郡市町体育協会 27団体、競技団体 49団体、教育団体 2団体)
運営施設 今市青少年スポーツセンター(日光市大沢)
栃木県体育館(宇都宮市中戸祭)
栃木県総合射撃場(宇都宮市新里)
艇庫(栃木市藤岡町赤麻)
スポーツ会館(宇都宮市中戸祭)
常勤役職員 35名(役員2名)

公益財団法人 栃木県体育協会機構図および組織図

Information

賛助会員募集中/栃木県体育協会